債務整理の誤解と解説

債務整理をためらう人は債務整理のデメリットを過大評価してしまっていることがあります。

そんな誤解について解説します。

・債務整理すると二度と借金できなくなる

確かに、債務整理するとブラックリストに登録され、一時的に借金が不可能になります。

しかし、それは永遠に続くものではありません。

早ければ5年、遅くとも7年経てば、ブラックリストから解除されます。

・任意整理するためには、裁判所に行かなければいけない

任意整理に裁判所は無関係です。当然、出廷する必要もありません。

裁判所が関わってくるのは、自己破産や民事再生で、これらは返済困難なほどに大きな借金のある人向けの方法です。

・すでに借金を完済していれば過払い金返還請求は無理

返済中でも、完済していても、過払い金返還請求は可能です。

昔の借金ほど、金利は高い傾向にありますから、心当たりのある人は早めに過去の取引履歴を調べてみてください。

10年以上経過してしまうと、時効が成立し、過払い金返還請求はできなくなってしまいます。 債務整理 浜松|相談無料の静岡借金相談センター  http://www.oberbank-banking.at

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ